ワインケースはどんなものを選べば良い?
無濾過

ワインケースはどんなものを選べば良い?

お酒の中で世界中で最も愛され、最も多くの人に飲まれているワインですが、その保存方法としては、どのようなケースに入れておくことがベストなのか、品質を高いレベルで維持するために必要な条件などを調べてみました。

専門店や高級レストランなどでプロのソムリエが管理するならば高いレベルで品質管理がされていると思いますが、一般のご家庭で保管するには、ワインが、光と温度と振動の変化に弱いお酒であるということを頭の中に入れておかなければなりません、逆にこの光、温度、振動の3点をしっかりと維持することが出来るケースであれば選んで間違いないと言えるでしょう。

家庭用のケースと言っても、現在は様々なメーカーから、様々なものが販売されていて、その種類はピンからキリまであり、高いものだと数百万円もするものから、1万円前後の安いものまで販売されていて、どんなものが良いのか素人では判断するのが難しと思います。

あなたがもしもワインケースを選ぶとしたら、まず最初に考えなければならないのは、最大で何本くらいのワインを保管するのかということと、保管する目的を明確にしておく必要があり、ただ購入したワインを短期間品質を維持して保管するのなら加湿機能のないものでも十分なのですが、ご家庭で長期間熟成させたいと考えているのでしたら、加湿機能がついているものを選ばなければならないでしょう。

ワインケースの種類にも、ペルチェ式、熱吸収式、コンプレッサー式、などといった様々な種類のものがあります。
ご家庭で熟成を考えず、品質維持を目的とするのなら数万円で購入可能なペルチェ式、長期間熟成保存したいのでしたらコンプレッサー式のものが良いと思われます。

何事もそうですが、目的と規模とご予算にあった商品を選ぶことが必要でありますし、購入時に常に使い方を考えてシュミレーションしておけば、間違って自分に合っていないワインケースを選んでしまうこともないと思います。